--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.08.19

淡路島ソロツー【一周バージョン】

暑くて長い、私の夏休みもとうとう終わりを迎えてしまいました。

今の仕事先は工場系だからか、12日から16日まで一週間まるまるお休みがもらえるのです♪
ということでもともとお休みの土日を合わせ、10日から18日まで長々と9連休!!!


この素敵な夏休みをじっくりがっつり遊び呆けてやる!ということで
いってきました淡路島!!!


淡路島は四国への通過点として通ったことがあったぐらいで、有名な観光スポットやツーリングルートなどほとんど知識がなかったので今回しっかり勉強してきましたよ。



ということで車でおでかけした観光スポットも多少おりまぜつつ
淡路島ソロツーレポ、いってみよ~~!!




まずは淡路島一周!
通ったルートはこんな感じ↓

大きな地図で見る


そして私が作成した思い出の地・ルート早見マップがこちら!↓
淡路一周


出発地点は彼の宿舎がある東浦。(数ヶ月前に徳島の出張先から淡路の出張先へ移動になりました)
淡路の東海岸、国道28号線を快適に南下していきます。

観音像7


ヤシの木が連なり南国の香りがします♪

観音像1
・・・て、何やら奥にアヤシイ白い建造物が。



観音像2
なんだこりゃー!
めっちゃでっかい観音様がお出迎えです。




観音像3
それも、ふもとには「アメリカ」と言う名の喫茶店と、5重の塔ならぬ10重の塔も。



観音像4
さらにさらに、その奥にも何かがみえます。



観音像5

なんと自由の女神!!!


観音様と10重の塔、さらに自由の女神に洋風喫茶店という意味不明な組合せ。
後に調べてみると、どうやら世界平和大観音像というらしい。

そういえば昔ニュースで、持ち主のいなくなった観音像が朽ちてきて、近隣の人が脅威に感じつつも予算の関係で立て直すことも壊すこともできないかなんかといった話を聞いたことがあります。
どうやらこの観音像がそれらしい。
今は立ちいる事ができなくなっていますが、昔は観音像の中に入れて売店があったり展望台に上れたりしたみたいです。

それにしても面白い組合せでした。。。





そして無事に洲本まで到着。
ここから国道28号線は島の真ん中を南西に向かっていきますが、私はここから県道76号の南淡路水仙ラインへ向かいます!
ちょっと迷いつつもなんとか76号へ突入!
多少狭いところもありますが、びびりな私でもなんとか走れるルートです。


っていうか、なんとか走れるどころかめちゃくちゃ気持ちの良いルートと言っても過言ではありませんでした!!!
何せ交通量が少ない。


そしてここでも不思議なポイント発見。

ナゾのパラダイス1

ちょっと走るとこんな謎の看板がでてきます。
「ナゾのパラダイス」
・・・ナゾすぎる!


ナゾのパラダイス2
変な門があり、通り過ぎた後で振り返って撮った一枚。
某テレビ番組で紹介された施設らしい。


ナゾのパラダス3
その施設は坂道をだいぶ下ったところにあり、見下ろすと何やら不思議なオブジェなどがある様子。

多少興味はありましたが、下り坂が一番のネックでそのまま通り過ぎました。。。
後でネットで調べたところ、もし行けたとしてもこのブログでは紹介できないような展示物でした(笑)



そんなナゾの施設を通り過ぎ、山を下ると今度はどこまでも続く海岸線ルートです♪♪


水仙ライン1
水仙ライン2

いや~最高!!!!


青い空に青い海、どこまでも続く海岸線~~~~♪♪




めっちゃ気持ち良く走れますが、
ただ気をつけたいのが制限速度



淡路島の下道で一番の交通量かつ唯一の国道28号線ですら、最高速度は50km/h。
40km/hもちらほら。


気持ちが良い道は多いですが、のんびり景色を見ながら走るのが良さそうです。
(特に西海岸の県道31号線は、「おまわりさんに気をつけてね!」という話を何度も耳にしました。)




この76号線は水仙が凄く綺麗らしく、3月ごろに行くととっても見ごろらしいです。
時期外れで残念!という気持ちもありますが、その分観光客で混雑するらしいので難しいところですね~。



この南淡路水仙ラインを越えたら、鳴門大橋付近を通り北上して西海岸ルート(淡路サンセットライン)を回って帰るという算段です。



・・・が、ちょっとこの鳴門大橋付近(福良港付近)で迷ってしまいました。


なぜか休暇村に迷い込んでしまったり
行く予定のなかった「道の駅うずしお」に迷い込んでしまったり。

休暇村
休暇村からの景色。
なんか養殖か何かをしていてこれはこれで良い景色だけどもね。
どんどん坂道を登って行って、やっと辿り着いた休暇村の駐車場。すごく不安でした><



道の駅うずしお駐車場
道の駅うずしおにも来てしまった。
ここは一度来たことがあったので、スルーする予定だったのだけども・・・



でもこの道の駅につづく鳴門大橋との並行したルートはやっぱり絶景でした^^(写真はないけど><)




前回来た時は見事な藤棚でしたが、
藤棚

今回は綺麗な緑でした。
道の駅うずしお藤の道


道の駅うずしお2
間近で見る鳴門大橋。
こんな大きな橋つくっちゃうなんて、凄い技術者もいたもんだ。



ということで軽く自販機でジュースを飲んで早々に出発!!!
なんとか北上ルートに乗り、県道31号線 通称淡路サンセットラインに続く県道25号線をひた走ります。

が、ここでもちょっと迷いポイントがありました。
丸山あたりの集落の中に県道25号線が走っており、気がつくと細かったり坂だったりする道になって焦る。

が道自体はそんなに複雑ではなく、適当に走っていたらなんとか北上できました。



この西海岸も海が凄く綺麗で、かつ場所によって海岸の砂浜が綺麗だったりテトラポットが連なっていたり、ごつごつした岩が見えたりと様々な様相をみせてくれます。

私が凄く好きな海岸線がこちら。



阿那賀公園2
このウ○コみたいなオブジェ、失礼しました、アンモナイトのオブジェがある公園
阿那賀(あなが)公園から降りたてる海岸です。

阿那賀公園4
ごつごつ岩肌。


阿那賀公園3
ごつごつ。


阿那賀公園
どこかの銀行員のような原付にのったサラリーマンも、数分ここで休憩してたそがれてました。
お仕事ごくろうさまです!!!!



慶野松原
西海岸にはこんな素敵ゾーン、慶野松原(けいのまつばら)という景勝地もありまっせ。
この写真は車で海水浴に来た時のものですが。。。(車が多くてツーリング中は写真とれませんでした)


そして北側をぐるっとまわってスタート地点、東浦に戻りました!!!

北側では明石海峡大橋も良く見えて、ここも絶景ポイントです。


明石海峡
ほんとに天気が良くて、撮影日和でした。(止まるとめちゃくちゃ暑かったけど)



朝8時30分に出発して帰宅したのがお昼の1時。
あまり長い休憩をとらず、道に迷わなければ、のんびり走行でも午前中に周りきれちゃいそうな距離です。
琵琶湖一周よりも短いかも。
ということでひとまず淡路島一周コンプリートの旅でした♪



ついでにちょっくら車で行った観光スポットのご紹介も。
まずはやっぱり鳴門のうずしお!

ちょっと高速道路を渡って徳島にいかないといけないですが
うずしお公園にある渦の道、前から一度行ってみたかった場所ですごく良い体験ができます。


うずしお公園からの鳴門大橋
鳴門大橋を見ながら高速道路の真上を渡って行きました。凄い迫力で、これだけでもなんか楽しいです。

渦の道1
そして渦の道を歩いて行きます。
風がびゅーびゅー吹いて涼しいっていうか、髪が乱れるっていうか。(でも楽しかったよ!)

渦の道3
下の方が良く見える構造になってます。

うずの道2
渦の上を観光船がばびゅーん。

渦の道4
時間的にはちょうど満潮から1時間ほど過ぎたぐらいの時間で、うずが見られる時間だったのですがあまり渦が大きいひどりではなく小さい渦しか見られませんでした。
月に数度訪れる、大潮の日の満潮か干潮の時間が良いらしいです。


うずの道上から
下にもガラスが空いててなんだか怖いですが、楽しいです。





そしてそしてもうひとポイント。
阪神淡路大震災の爪痕が残る、「野島断層」にも行ってきました。

思った以上にしっかりした展示で、地震の規模の大きさが実感でき良い体験ができました。

野島断層
この後ろのずれた断層、本物です。

本当にずれた場所の上に屋根をかぶせて展示場にしたらしく、ここの隣には地震に耐えつつも傾いてしまった旧家もありその中を見学したり、別の建物では地震体験などができます。
関東東北の大地震に遭われた方には身近な出来事過ぎるかもしれませんが、こうして過去の出来事を形に残していくことは重要なことだなあと感じました。

この展示場の周りはすでに復興が進み、地震でゆがんだ道路もくずれた民家も既に新しく綺麗な形に復活しています。。。




ってことで、まだまだ淡路島のお土産話は尽きませんが続きは次回の「淡路島ソロツー【癒しを求めて内陸部へ】」でまとめて語って行きたいと思います!
それではおやすみなさい~~~






関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://bikelifegogogo.blog.fc2.com/tb.php/87-19de962c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。