--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.09.23

淡路島ソロツー【癒しを求めて内陸部へ】③鮎屋(あいや)の滝と瓦の町。靴ずれとアブとの戦い最終章

夏休みの思い出その③

淡路パワースポット

さてさて今回はR46を通って(癒3)鮎屋(あいや)の滝からのツーレポです☆









この日は淡路島の山の中を旅してみようと、朝から県道462を冒険してきましたがやはり県道3ケタは危険ですね!
県道157も一部はかなりヤバイ感じですし、何しろ標識があまりなくて私の愛媛の田舎の農道にそっくりでした。

ほとんどは舗装されていて広さもそこそこある農道って感じですが、やはり景色を楽しみながらってなると外周の国道28や県道76、県道25、県道31のぐるっとルートが一番!!


島内を走る県道71、県道88、県道46、県道66なんかは島の方の主要生活道路って感じでして、場所によってはかなり混んでます。
ということで鮎屋の滝へ行く途中に通った県道46も生活道路っぽくはあったのですが、比較的交通量が少なく結構気持ちのよい田舎の道路でした♪



そんな感じで淡路島の道路を調査しつつ、なんとか鮎屋の滝付近に到着!!!



292_201309231446477bd.jpg

看板とケータイのGPSを頼りにとりあえずやってきた細い道。
間違えてた時のUターンにそなえ、とりあえずここでいったんバイクを停めてその先を調査に行った帰り。。。


・・・何か視線を感じる!!




293_201309231446481ce.jpg


・・・こ、これは淡路の牛さんじゃないか!!

それも子牛?



294_20130923144649f2e.jpg


かなり近づいて写真をとっても全く動じず、興味津々って感じのつぶらな瞳でこっちを見てました。

かわいい~



やっぱ動物は癒されますな。




てことで道はあってたので出発!



295.jpg
かわいい子牛さんにお見送りされたらすぐの場所に、鮎屋の滝はあります!
とっても広い駐車場。
でも傾斜が結構あります。


297.jpg
駐車場からは渓谷のような川が見えます。
ちょっと水が濁ってるかな?
でもこの先に滝があるんだな~と思うとわくわく☆


299_20130923151758760.jpg
靴ずれで大変痛い足をひきずりながら、階段を登っていくとありました!この看板。
記念にぱちり。


298.jpg
なんかいっぱい歩くところありそうです。
私は靴ずれがひどいので滝だけみて帰ります。



300.jpg
おっ見えてきた!


301.jpg
川の向こう岸は大きな岩が。
なんやろ、これ。なんか凄いなあ~。


302_2013092315263322c.jpg
さすが淡路一の滝。
きれいです!!!


306.jpg
天気が良くて滝がきらきら輝いてました\(^o^)/




さて、目的の滝も十分堪能できたので帰りは北上して東側の海岸を通って帰ろうと
県道126を通って北上していたそのとき。


310.jpg

な、なんだこの瓦の山は・・・!




危うく通り過ぎそうでしたが、瓦のような何かが大量に積み重なっている異様な光景に惹かれその辺をきょろきょろしたところ駐車スペース発見!


307.jpg
どうやらここは「緑の道しるべ」の西路(にしじ)公園の甍(いらか)公園ってとこらしい。
(英語の表記のおかげで甍の読みが判明('ェ';))
西淡三原ICのすぐ近くです。


309.jpg
なんかさっきの瓦の山積みは、ただの山積みなのではなくちゃんとしたモニュメントだったようです!!


バイクで通り過ぎるときには気が付きませんでしたが、良く見ると確かに綺麗な波もように積まれていました。


314.jpg
夜にはライトアップされそうな感じ♪



312_201309231536101d5.jpg
更にこの向かいにある橋には、なんだか鬼瓦のようなモニュメントが橋のとこに施されてました。
なんかかっこいい!




海を目指して再出発。
するとまたまた面白い橋を発見!!






317_20130923153614b37.jpg
橋の欄干?のようなとことか、あちこちに瓦が施されてます♪



316.jpg
ちょっと引いてぱしゃり。


319.jpg
横から立体的にぱしゃり。


どうやらこの橋は「みはらがわ」という川にかかる橋のようです。
この橋、淡路島一周するときにも通る橋なのでぜひ通り過ぎながら皆様も観察してみてください!
(交通量は多いのであまりゆっくりは見れませんが)
湊っていう交差点の付近の橋で~す♪




なんでも淡路の瓦は三州瓦、石州瓦と並ぶ日本三大瓦の一つらしく、ほんとに瓦のモニュメントとか、ちょっとした石垣の代わりに瓦を積みまくったりとか、特に淡路島の南の方でたくさん珍しい風景を見ました。


あっ、そういえば淡路島の南の方の家の屋根。


屋根3
なんか、屋根の端っこがぴょこんってでてるのわかりますか?



屋根2
ほらほらこれです。


屋根1
この屋根も。

なんかちょんまげみたいなのが、あっちこっちの屋根にくっついてました。
この旅以降、滋賀や京都の屋根やねも観察してみたところ、たまーにこういう屋根がありましたが淡路島南側の頻度の多さは断トツでした!
ネットでも色々検索しましたが、この形の正式な名称とか由来とか、なんで淡路島に多いのか結局よくわかりませんでした。



たまねぎ小屋
あと、淡路島と言えばもちろんコレ。
何かわかりますか?


たまねぎ小屋2
そうです。
玉ねぎ小屋です。


田んぼがあるところには必ずこの小屋あり。



玉ねぎがたっくさんぶら下がってる光景は、とっても珍しくて面白かったです!




で、靴ずれもかなり痛いしもう帰ろうかとも思ったのですが
当初気になっていたもう一つの気になるポイント。

「御井の清水」に行ってない。




う~~~む。
どうしようか。



う~~~~む。




悩みながら海岸線をひた走ってたのですが、
彼の職場が西側の海岸側にありまして。

そこをこそっと見学した帰りに、その御井の清水に寄れちゃうなってことで、結局行ってみることに。




320.jpg
「御井の清水」は国道28号の海岸線沿いにあります。
看板があったので、その辺に駐車。
どうやら小さなお店があるようなのですが、そこは坂を上ったところにありバイクを駐車したり、とりまわしたりできる平らなスペースがあるかどうも不安だったので歩いて行くことに。
・・・ほんとにへたれやな。私。。。





321.jpg
靴ずれが痛いので、後ろ向きに上っていくと(誰もいなかったから)
ありました!
喫茶店?「サンスイ」

ここでは「御井の清水」でとれる名水を引いていて、そこまで登っていかなくても飲めます。
ってことで早速一本いただきました!
値段は忘れたけど普通のペットボトル1本分ぐらいの値段。147円とか157円とかだったかな?


これから実際に御井の清水にいくっていうのに、なんで買ってるのかって?
そりゃー、喉がかわいていたからじゃい。
(実際この水が私を熱中症から救ってくれました)

お店の方に、どうやって現場に行くのか聞いてみると

「行くんですか?それなら、この道いって、あの道いって、・・・とにかく左、左と進んでいけばつくからね」

と、ちょっとびっくりしながらも親切に教えていただき出発!
左、左ね。




323_20130923155957976.jpg
お店からは、ちょっと下りて家の間をくぐってつきあたりを左に行きます。


324.jpg
いきなり急こう配。
なんだ坂、こんな坂。


・・・しばらく歩いて行くと、左へ登る道が。


325.jpg
この赤い道を登るのかな?
まっすぐ行く道もあったのですが、(っていうか本当は真っ直ぐいくのが正解でしたが)
とにかく左、左と思ってたので曲がって登ってしまいました。



すると本当に山の中の道っていうか、畑の間をくぐる人の通り道っていうぐらいの道で
本当にこの道でいいのか不安に。

いけどもいけども人の畑か、なんとお墓にであってしまい
最終的にはアブが私の周りをぶんぶん。

座って休もうにも、足元をぶんぶんしていたアブが座ったとたん顔の周りをぶんぶんするので座れず。。。


めちゃくちゃ疲れていたのですが、せっかくここまで来てたどり着けないなんて悔しすぎると思い先ほど迷った道を真っ直ぐ進んでみることに。


327.jpg
さっきまで迷っていた山の中とは打って変わり、結構広い道をどんどん行きます。



329_20130923161949ca8.jpg
だんだん道の状態が悪くなってきました。

とその時!



328.jpg
ありました、看板!!!
どうやらここを左にいくと現場らしいです!!!!


足が痛いので時々後ろ向きで進みます!

ですがそれも疲れるのでやっぱ前向きで進みます!!


ちょっとでも立ち止まろうものならアブが私の足に張り付くのでとにかく動きます!!!

ウーム。
アブめ~~。
たかが一匹だけじゃないか!
なんとかたたいて殺してしまおうか???


いや、今はただ私の周りをまわってるだけなのに、もし一撃必殺に失敗して反撃をくらったらただではすまないな。
けっこうでかいし、ハエに比べてかなり頑丈そうだし、やっぱこのまま耐え忍ぼう。。。


と一度はヤルことも考えたのですが、あきらめとにかく気持ち悪いので動いてくっつかれないようにすることに。。



・・・辛い。・゚・(*ノД`*)・゚・。






330.jpg
あ、ありました~~~
つきました~~~~~




331.jpg
はい、ここが本当に「御井の清水」の現場です!!!
ですがとにかくお墓からずっとついてきているアブが私を狙っています!!!


なんだか、最初は1匹だけだったのが2匹になってる気がします。。。。
たぶんあのお墓のあたりにアブの巣か何かがあったんだろうなあ。

そんで「不審者発見!」って感じで1匹が執拗に私をマークし始め、
こいつが他のアブに私の場所を発信しているに違いない。
それで仲間がもう一匹増えたに違いない。


ってことは長くいればいるほと、大量のアブが私の周りをぶんぶんし出すのか・・・!?

なんという恐怖><



もう急いで井戸から水をひとすくいして飲み、早々に立ち去ることに。



332_20130923162518562.jpg
さよなら、私の思い出の地。。。




痛む足をひきずりながら急いで下っていくと、あのアブに出くわしたあたりでいつの間にかアブ様はいなくなってました。。。


めっちゃ疲れた。。。。



もうこの時には片手に持ってた先ほどの「御井の清水」入りのペットボトルは空っぽ。
顔は真っ赤っか。
あと少しで熱中症で倒れてるとこでした。がそんなことしたら色んな人に迷惑掛かるのでアブがいなくなってすぐに休憩。
回復するまでしばらく淡路の海を眺めておりました。。。


何が癒しの旅だ、ばーろー。。。。(自業自得)









処理済~335
家に無事に帰って、マイフットを見てみると見たこともない範囲で足の皮が大変なことになってましたYo!
見て不快にならないよう画像はちょっと加工。



という、大変な一日でしたが行きたかったポイントはほとんど全て網羅した大満足の一日でした!!!
癒しにはならなかったケドね。。。




あんまり素敵な画像をお届けできなかったので、最後にお勧めのグルメスポットを紹介して淡路の旅を締めくくりたいと思います。
イエー!!





ありい亭
ありい亭。


マイ師匠の情報により、なんでもここはお店で牛を飼っていて、とってもフレッシュな本物の淡路牛が食べられるらしぃ!
それもお値段はお手頃らしぃ!

焼肉屋と聞いてイメージしていたのとは全く違う店構え。
純日本家屋のようなお店で、お店の人もとってもアットホームでした。




ありい亭おしながき
おしながき。
お肉は牛以外はなさそうです。

生中350円。


ありい亭肉
お肉も質の割にとってもリーズナブルで、とってもおいしくいただきました><


るるぶにも載っていて、私たちがお昼に行った時も人が一杯。
かろうじて予約客がまだ来てないからどうぞ、ということでもぐりこめてラッキーでしたが、行楽シーズンは予約していた方が間違いなさそうです。





以上、淡路島のベストスポットあれこれでした~~~!
色々周ってみて一番だなと思った道路は、前々回に紹介した県道76の南淡路水仙ラインです。

12月下旬~2月下旬は水仙が見ごろということで、この時期にも訪れてみたいですが混雑するかも&冬で寒いので、やっぱバイクシーズンに通るのがお勧めです♪





ランキングに参加しています。
クリックしていただけると飛んで喜びます_(._.)_
    ↓
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://bikelifegogogo.blog.fc2.com/tb.php/90-34587773
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
お肉に生中最高ですね(( ≧▽≦))ノ゙ ♪
花より団子ですみません(笑)

ソロツーで色々なところに行かれるみやさんの行動力を私も見習わなくては!
実はまだ私はソロツーしたことないんです(笑)方向音痴なもので(;´▽`A``
ソロツーも楽しそうですね!
Posted by なー at 2013.10.05 06:31 | 編集
やっぱり生中は最高ですね(笑)
ソロは好きな時に休んだり写真撮ったりできるのが好きです!ソロした後は二人ツーとかマスツーとかそれぞれの良さも改めて実感できるのでお勧めです♪
Posted by みや at 2013.10.07 20:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。